■不動産購入の流れ■

【STEP1】今買うか、まだ考える

私にとっての「家の買いどき」はいつ?
住まいを購入した先輩に買おうと思ったきっかけを聞いたところ、
意外に多かったのが、「住宅価格が安い(21%)」「金利が低い(37%)」という答え。
でも、それだけで買っちゃってホントに大丈夫?今の年齢や家族構成、年収や貯金など自分の事情に合わせた「買いどき」を見極めよう。


【STEP2】購入予算を立てる

将来も安心して暮らせる「家の値段」はいくら?
 住宅購入の資金計画で無理をすると、将来住宅ローンの返済が厳しくなる恐れアリ。
住まいの購入に使える資金(貯金など)はいくらあるか、また、住居費を毎月いくら払えるかなど事前によく考えて購入予算を立ててから住まい探しを始めよう。


【STEP3】どんな住まいが欲しいか考える

あこがれの暮らしが実現する「家の条件」を整理しよう !
マイホームを買ったら「子どもをのびのび育てたい」、「ペットを飼いたい」などいろんな夢があるはず。
予算内で夢をかなえられるのは、どんな住まい?住宅相場や最近の供給傾向などから、あなたの条件に合う住まいの探し方をアドバイス。


【STEP4】住まいを探す・選ぶ

自分にピッタリの家を見つける「現地見学のポイント」

住まい選びもいよいよクライマックス。現地見学で何を見ればいいのか、ポイントを紹介しよう。
また、現地見学前後の予習復習も大切。現地で得た情報を整理して、住まい選びに生かすワザが身につけば、住まい探しの効率がグンとアップする。


【STEP5】住まいを買うための手続きをする


購入申込み〜引き渡しまで「家を買う手続きとお金」

住まいを購入する際には最低でも5回不動産会社等に足を運び、さまざまな手続きをしなくてはならない。
いつ、どんな手続きを行なうのか?各手続きに必要なお金はいくら程度か?いざというときにあわてないですむように、今から流れを押さえておこう。



【STEP6】新居に引っ越す

今から知っておきたい「家を買った後のこと」
住まいの引き渡しを受けた後も、引っ越しに伴う手続きや、税金の申告などで1年くらいはバタバタする。
入居して落ち着いたら、マイホームを長持ちさせるためのメンテナンス計画や住宅ローンの見直しなどをお勧めしたい。


お問い合わせ